発達障害(ADHD/アスペルガー)の仕事や適職

ADHD-ASD.jp




就職・適職を見る 広汎性発達障害(PDD)

広汎性発達障害(PDD)に向いている仕事・職業。適職を探そう

更新日:

広汎性発達障害とは?

広汎性発達障害は、発達障害の中の一つの種類です。そして、自閉症やアスペルガー症候群のことを指します。「広汎性発達障害です。」という場合には、アスペルガー症候群か自閉症というわけです。

広汎性発達障害(PDD)の特徴と症状

自閉症とアスペルガー症候群の特徴・症状が当てはまります。両社に共通するのはコミュニケーション面が苦手というところですね。

  • 人間関係、対人関係に問題が生じがち
    • 他人とのコミュニケーション能力が苦手
    • 意図せず人に言われたことを無視してしまうことがある
    • 視線を合わせない
    • 友達ができづらい
    • 感情を共有しづらい
    • いじめを受けやすい
  • 想像力に乏しい
    • 周囲から見ると意味のない習慣やルールに強くこだわる
    • 興味を持つ範囲は限られるが、興味を持つと濃いところまで知りたがる
  • 特定の音や味、感覚に敏感
    • 音、音声に関する認識は上手くいかない
  • 図工や体育が苦手
    • からだの各部を一緒に動かすのが苦手なため
    • 自転車に上手く乗れない
  • 他人から気付かれにくい

こうした特徴の中でも仕事をする際に困るのが、他人とのコミュニケーション部分でしょう。

アスペルガー症候群の人の仕事の体験談をいくつか掲載していますが、コミュニケーション系でのトラブル、人間関係が上手くいかなくなって仕事を辞めた人が散見されます。

広汎性発達障害の人に向いている職業の特徴

体験談からタイトルだけ抜粋してみましょう。

ザックリ言うと「1人でできる仕事」「自分のペースでできる仕事」

これですね。

複数人が関わる仕事の場合には、周囲の理解が必須です。でなければ、孤立していづらくなります。

一般的に広汎性発達障害の人が向いているとされている仕事、向いていないとされている仕事をピックアップしてみましょう。

広汎性発達障害の人が向いている職業・仕事

  • プログラマー
  • 清掃業
  • 写真家
  • 芸術家
  • 図書館司書
  • 機械工や電気技師
  • コックやシェフ

広汎性発達障害の人が向いていない職業・仕事

  • 接客業
  • セールスマン
  • バスや救急車などの運転手
  • 危険物取扱者
  • パイロット
  • 警察官
  • 消防士

とにかく対人関連が苦手です。

ただ、これらに挙げてある職業・仕事というのは、必ずしも当てはまるわけではありません。

体験談を読んでみてわかるのは、本当に人それぞれ違うということ。広汎性発達障害だと言っても、特徴・症状は千差万別です。

より詳しい記事は下記をご覧ください。

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

hattatsu

オススメ記事・人気記事

1

Contents1 発達障害の経営者2 発達障害の研究家・学者3 閑話休題:クイズ「発達障害の有名人や芸能人に共通することは?」4 発達障害のアーティスト・ミュージシャン5 その他の発達障害の有名人・ ...

2

発達障害の有名人のページへのアクセスが多いので、アスペルガーの有名人の方だけの特集ページをご用意しました。 Contents1 アスペルガー症候群の有名人たちも強みを活かしている人が多い2 アスペルガ ...

スティーブ・ジョブズ 3

ADHDの有名人・芸能人は経営者、アーティストタイプ、スポーツ選手タイプが多い? 発達障害(ADHDやアスペルガー)有名人・芸能人48人+1匹【2017年版】 からのスピンアウト記事です。ほぼ引用なの ...

4

大人のADHDの人で、仕事が上手くいかずに悩んでいる人はたくさんいます。一方、仕事で上手くいっている人もいます。一体何が違うのでしょうか。 ADHDの特徴 ADHDの大人が仕事でやってしまいがちな失敗 ...

5

大人の発達障害が注目されたのは、仕事が上手く行かない人がたくさんいるからでしょう。なかでも注目を集めたのは遅刻癖や注意欠陥の特徴が顕著なタイプのADHDではないでしょうか。でも、ADHDじゃなくアスペ ...

-就職・適職を見る, 広汎性発達障害(PDD)
-, ,

Copyright© ADHD-ASD.jp , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.