発達障害(ADHD/アスペルガー)の仕事や適職

ADHD-ASD.jp




アスペルガー症候群 診断方法・チェックリスト

アスペルガー診断リストの5つの分野別診断項目と基準スコア

投稿日:

多くのサイトで公開されているアスペルガー診断テストのチェックリスト

多分、ネットに一番出回っているアスペルガーテストは、ケンブリッジ大学の自閉症チームが作成したものを、ケンブリッジ大学の客員教授をしていた千葉大学の教授が国立特殊教育総合研究所の人と一緒に作成したものです。作成・発表されたのは2004年です。論文「自閉症スペクトラム指数(AQ)日本語版の標準化」はこちら。

問題点:多くのサイトで公開しているテストは配点を勝手に変えてる

上記のリンクのとおり、日本語訳にした論文(?)みたいなのが公開されており、下記で紹介するものはほぼ原文のままです。色んなサイトで見かけるのは、これをもとにして質問項目を真似たもの物が多い印象です。下記では原文まんまを貼り付けておきます。

ちなみに、他のサイトのアスペルガー診断は、項目をチェックすると似たような表現かつ順番になっているものが多いのですが微妙に表現を変えていたり、点数を2点、1点、0点で構成していたりしました。勝手に点数を変えているので、一体どのように診断しているのか基準がさっぱりわかりません。

大人のアスペルガー診断用チェックリスト(ケンブリッジ大学の自閉症チーム作成の翻訳版)

※YESに当てはまる数を数えるわけではありません。*としている項目は「逆転項目」と言い、NOだったらアスペルガー傾向ありとなるものも混ざっています。例えば「1.何かをするときには,一人でするよりも他の人と一緒にする方が好きだ。」これはNOの方がアスペルガー傾向ありです。

※後からチェックしやすいようにまとめているので、項目を流し見するだけでOKです。

1.何かをするときには,一人でするよりも他の人と一緒にする方が好きだ。*
2.同じやりかたを何度もくりかえし用いることが好きだ。
3.何かを想像するとき、映像(イメージ)を簡単に思い浮かべることができる。*
4.ほかのことがぜんぜん気にならなくなる(目に入らなくなる)くらい何かに没頭してしまうことがよくある。
5.他の人が気がつかないような小さい物音に気がつくことがよくある。
6.車のナンバーや時刻表の数字などの一連の数字や、特に意味のない情報に注目する(こだわる)ことがよくある。
7.自分ではていねいに話したつもりでも、話し方が失礼だと周囲の人から言われることがよくある。
8.小説などの物語を読んでいるとき、登場人物がどのような人か(外見など)について簡単にイメージすることができる。*
9.日付についてのこだわりがある。
10.パーティーや会合などで、いろいろな人の会話についていくことが簡単にできる。*
11.自分がおかれている社会的な状況(自分の立場)がすぐにわかる。*
12.ほかの人は気がつかないような細かいことに、すぐに気づくことが多い。
13.パーティーなどよりも、図書館に行く方が好きだ。
14.作り話には、すぐに気がつく(すぐわかる)。*
15.モノよりも人間の方に魅力を感じる。*
16.それをすることができないとひどく混乱して(パニックになつて)しまうほど、何かに強い興味を持つことがある。
17.他の人と、雑談などのような社交的な会話を楽しむことができる。*
18.自分が話をしているときには、なかなか他の人に横から口をはさませない。
19.数字に対するこだわりがある。
20.小説などを読んだり、テレビでドラマなどを観ているとき、登場人物の意図をよく理解できないことがある。
21.小説のようなフィクションを読むのは、あまり好きではない。
22.新しい友人を作ることは、むずかしい。
23.いつでも、ものごとの中に何らかのパターン(型や決まりなど)のようなものに気づく。
24.博物館に行くよりも、劇場に行く方が好きだ。*
25.自分の日課が妨害されても、混乱することはない。*
26.会話をどのように進めたらいいのか、わからなくなってしまうことがよくある。
27.誰かと話をしているときに、相手の話の言外の意味を理解することは容易である。*
28.細部よりも全体像に注意が向くことが多い。*
29.電話番号をおぼえるのは苦手だ。*
30.状況(部屋の様子やものなど)や人間の外見(服装や髪型)などが、いつもとちょっと違っているくらいでは、すぐには気がつかないことが多い。*
31.自分の話を聞いている相手が退屈しているときには、どのように話をすればいいかわかっている。*
32.同時に2つ以上のことをするのは、かんたんである。*
33.電話で話をしているとき、自分が話をするタイミングがわからないことがある。
34.自分から進んで何かをすることは楽しい。*
35.冗談がわからないことがよくある。
36.相手の顔を見れば、その人が考えていることや感じていることがわかる。*
37.じゃまが入つて何かを中断されても、すぐにそれまでやっていたことに戻ることができる。*
38.人と雑談のような社交的な会話をすることが得意だ。*
39.同じことを何度も繰り返していると、周囲の人からよく言われる。
40.子どものころ、友達といつしょに、よく‘○○ごっこ(ごっこ遊び)をして遊んでいた。*
41.特定の種類のものについての(車について、鳥について、植物についてのような)情報を集めることが好きだ。
42.あること(もの)を、他の人がどのように感じるかを想像するのは苦手だ。
43.自分がすることはどんなことでも慎重に計画するのが好きだ。
44.社交的な場面(機会)は楽しい。*
45.他の人の考え(意図)を理解することは苦手だ。
46.新しい場面(状況)に不安を感じる。
47.初対面の人と会うことは楽しい。*
48.社交的である。*
49.人の誕生日をおぼえるのは苦手だ。*
50.子どもと‘○○ごっこ’をして遊ぶのがとても得意だ。*

ケンブリッジ大学の自閉症チームが作ったアスペルガー診断チェックリスト(千葉大教授翻訳)の概要

質問項目は50問です。
質問内容は5つのジャンルのもので構成されています。

  • 社会的スキル
  • 注意の切り替え
  • 細部への注意
  • コミュニケーション
  • 想像力

「当てはまる」「やや当てはまる」「あまり当てはまらない」「当てはまらない」の4択で解答する。

自閉症傾向を示す方に解答すると1点が加算されます。33点以上で自閉症傾向があると診断されます。

チェックリストで33点以上=アスペルガー症候群 というわけでない

※なお、他のサイトでは配点を変えているものがチラホラありましたので、他のサイトでは33点以上という基準からはズレます

では、33点以上ならアスペルガーなのか。いえ、33点以上だからといってアスペルガー症候群であるとは限りません。
このアスペルガー症候群診断の日本語化が行われた実験では、33点以上のスコアを記録した人の58%の人は、DSM-Ⅳ(発達障害を定義したえらい文書みたいなやつ)の自閉症傾向に該当していました。が、しかし、彼らは日常生活には特に支障をきたしていなかったとのこと。

論文内では、そんなわけで、このテストでもアスペルガー診断のテスト結果だけで、判断するのは妥当ではないとされています。

アスペルガー診断用のチェックリストを5つの要素・分野に分解

アスペルガー傾向を5大要素に分解

途中に述べたように、アスペルガー診断のチェックリストは5つの要素・分野で構成されています。

  • 社会的スキル
  • 注意の切り替え
  • 細部への注意
  • コミュニケーション
  • 想像力

の要素です。
これらを質問項目ごとにまとめてみます。さらに逆転項目(NOと答えると1点)のものはわかりやすく、「YESと答えたら1点」というように質問項目自体を変えてみます。

アスペルガー診断テスト内の「社会的スキル」に当てはまる項目

1.何かをするときには,他の人と一緒にする方よりも一人でする方が好きだ。
11.自分がおかれている社会的な状況(自分の立場)を理解するのに時間がかかる。
13.パーティーなどよりも、図書館に行く方が好きだ。
15.人間よりもモノの方に魅力を感じる。
22.新しい友人を作ることは、むずかしい。
36.相手の顔を見ても、その人が考えていることや感じていることはわからない。
44.社交的な場面(機会)は苦手だ。
45.他の人の考え(意図)を理解することは苦手だ。
47.初対面の人と会うことは苦手だ。
48.社交的ではない。

計10項目

アスペルガー診断テスト内の「注意の切り替え」に当てはまる項目

2.同じやりかたを何度もくりかえし用いることが好きだ。
4.ほかのことがぜんぜん気にならなくなる(目に入らなくなる)くらい何かに没頭してしまうことがよくある。
10.パーティーや会合などで、いろいろな人の会話についていくことが難しい。
16.それをすることができないとひどく混乱して(パニックになつて)しまうほど、何かに強い興味を持つことがある。
25.自分の日課が妨害されると、混乱してしまう。
32.同時に2つ以上のことをするのは、難しい。
34.自分から進んで何かをすることは苦手だ。
37.じゃまが入つて何かを中断されると、それまでやっていたことに戻るのに時間がかかる。
43.自分がすることはどんなことでも慎重に計画するのが好きだ。
46.新しい場面(状況)に不安を感じる。

計10項目

アスペルガー診断テスト内の「細部への注意」に当てはまる項目

5.他の人が気がつかないような小さい物音に気がつくことがよくある。
6.車のナンバーや時刻表の数字などの一連の数字や、特に意味のない情報に注目する(こだわる)ことがよくある。
9.日付についてのこだわりがある。
12.ほかの人は気がつかないような細かいことに、すぐに気づくことが多い。
19.数字に対するこだわりがある。
23.いつでも、ものごとの中に何らかのパターン(型や決まりなど)のようなものに気づく。
28.全体像よりも細部よりに注意が向くことが多い。
29.電話番号をおぼえるのは簡単だ。
30.状況(部屋の様子やものなど)や人間の外見(服装や髪型)などが、いつもとちょっと違っていれば、すぐには気がつく。
49.人の誕生日をおぼえるのは得意だ。

計10項目

アスペルガー診断テスト内の「コミュニケーション」に当てはまる項目

7.自分ではていねいに話したつもりでも、話し方が失礼だと周囲の人から言われることがよくある。
17.他の人と、雑談などのような社交的な会話を楽しむことのは苦手だ。
18.自分が話をしているときには、なかなか他の人に横から口をはさませない。
26.会話をどのように進めたらいいのか、わからなくなってしまうことがよくある。
27.誰かと話をしているときに、相手の話の言外の意味を理解することが難しい。
31.自分の話を聞いている相手が退屈しているときには、どのように話をすればいいか心得ている。
33.電話で話をしているとき、自分が話をするタイミングがわからないことがある。
35.冗談がわからないことがよくある。
38.人と雑談のような社交的な会話をすることは苦手だ。
39.同じことを何度も繰り返していると、周囲の人からよく言われる。

計10項目

アスペルガー診断テスト内の「想像力」に当てはまる項目

3.何かを想像するとき、映像(イメージ)を簡単には思い浮かべることができない。
8.小説などの物語を読んでいるとき、登場人物がどのような人か(外見など)について簡単にはイメージすることができない。
14.作り話には、すぐに気がつかない(すぐわからない)。
20.小説などを読んだり、テレビでドラマなどを観ているとき、登場人物の意図をよく理解できないことがある。
21.小説のようなフィクションを読むのは、あまり好きではない。
24.劇場に行くよりも、博物館に行く方が好きだ。
40.子どものころ、友達といつしょに、‘○○ごっこ(ごっこ遊び)をした記憶があまりない。
41.特定の種類のものについての(車について、鳥について、植物についてのような)情報を集めることが好きだ。
42.あること(もの)を、他の人がどのように感じるかを想像するのは苦手だ。
50.子どもと‘○○ごっこ’をして遊ぶのが苦手だ。

計10項目

以上、計50問です。

33点以上でアスペルガー症候群の傾向あり

このテストで計33個以上「当てはまる」「やや当てはまる」と感じるものがあれば、アスペルガー診断チェック上は「アスペルガー症候群かも」「自閉症傾向があるかも」となります。

それぞれの分野・要素にどのくらい当てはまるのかによって「アスペルガー症候群」といっても、どんな傾向があるのが分かってくると思います。自らの傾向をしっかりと把握することで、日常生活でどんな対策を行うのか、仕事はどうしたらいいのか、などを検討する材料にしましょう。

ネットの診断テストだけで決めつけず専門医の診察を受けよう

不安になってしまう方は、しっかりと専門医の診察を受けてみましょう。「地域名+アスペルガー+診断」で検索して病院へ直接問い合わせるか、「地域名+発達支援センター」などで検索してみて紹介してもらうようにしましょう。

診断結果をもとに絶望するのでなく希望を見出す

診断をして大切なことは、診断結果に絶望することではありません。自分の特性を理解して、これからどうしていくのかをしっかりと考えることです。

必ずしも、苦手なものに立ち向かう必要はありません。逃げれるなら逃げれば良いし、苦手なものが他人に任せられたり、協力してもらえるのであれば頼りましょう。

あなたができないことが他人ができることであるように、他人ができないことがあなたができることであったりします。さかなクンを思い出しましょう。魚に対する常軌を逸した興味と情熱は、あなたにはないかもしれませんが、さかなクンにはありました。
あなたができること、得意なことを活かしましょう。

関連記事

 

関連コンテンツ

オススメ記事・人気記事

1

Contents1 発達障害の経営者2 発達障害の研究家・学者3 閑話休題:クイズ「発達障害の有名人や芸能人に共通することは?」4 発達障害のアーティスト・ミュージシャン5 その他の発達障害の有名人・ ...

2

発達障害の有名人のページへのアクセスが多いので、アスペルガーの有名人の方だけの特集ページをご用意しました。 Contents1 アスペルガー症候群の有名人たちも強みを活かしている人が多い2 アスペルガ ...

スティーブ・ジョブズ 3

ADHDの有名人・芸能人は経営者、アーティストタイプ、スポーツ選手タイプが多い? 発達障害(ADHDやアスペルガー)有名人・芸能人48人+1匹【2017年版】 からのスピンアウト記事です。ほぼ引用なの ...

4

Contents1 おさらい:注意欠陥/多動性障害(ADHD) とはそもそも何か2 注意欠陥/多動性障害(ADHD) の人が仕事で困ること3 【ADHDあるある】ADHDの人は仕事でこんなミスをしてし ...

5

Contents1 おさらい:アスペルガー症候群とは2 アスペルガー症候群の特徴3 社会適応力が乏しい4 アスペルガー症候群の人が仕事で困ること5 【アスペルガー症候群あるある】アスペルガー症候群の人 ...

-アスペルガー症候群, 診断方法・チェックリスト
-, , ,

Copyright© ADHD-ASD.jp , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.