発達障害との種類や症状から適職や子育て方法や勉強方法などをまとめました

発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども)




子育て・勉強 注意欠陥/多動性障害(AD/HD) 発達障害の遺伝

ADHDは遺伝する?ADHDの親から生まれる子はADHDは?

更新日:

おさらい:注意欠陥/多動性障害(ADHD) とはそもそも何か

ADHDとは「注意欠陥多動性障害」の略称です。大きくわけて、不注意型、衝動型、多動型の3タイプがあります。

ADHDの人数は「男の子の方が3倍から5倍ほど女子より多い」と言われていますが、女子は不注意型が多いというだけで見つかりづらいだけとも。不注意型は子どもの頃にはあまり見つからず、ただ不注意なだけなので、学力的なレベルも悪くはありません。ADHDの人たちは、むしろ興味があることに対しては素晴らしい集中力を発揮することもあります。
不注意型の症状が顕著に出てくるのは、ミスが許されないような事務職などの仕事に就職したときです。そのため、子どもの頃はボチボチ成績もよかったけれども、仕事をし始めてから怒られ「発達障害」や「ADHD」という言葉を知って調べてみると「あ、当てはまる…」となるケースが増えています。

ADHDの人は、何度も同じミスをしてしまうため、周囲からは「やる気がない」「さぼってる」と思われやすいです。自己肯定感が低くなり、うつなどの二次障害が発生する可能性が出てきてしまいます 。

注意欠陥/多動性障害(AD/HD) の特徴と症状より

スポンサーリンク




発達障害はそもそも遺伝するの?

注意欠陥/多動性障害(ADHD) に限らず、発達障害そもそも遺伝するのか、という話です。結論をいうと「よくわかってない」です。

現在考えられている発達障害になる原因

現在、言われているのは、親の育て方が原因で発達障害なることはないということです。今一つはっきりと原因が特定されていないのが現状なのですが、今の主流は「脳の先天的な異常」です。先天的な障害ということは、つまり生まれた後で障害になったというわけではないということですね。

先天的な障害なら、遺伝するのでは・・・?

これに関しても様々な研究が行われていますが、確実に遺伝するという結果は得られていません。が、家族内に発達障害の人がいると、他の人も似たような症状の人がいるということは言われています。さきほど「発達障害の原因は先天的なもの」といわれていたはずなのに、環境が影響するしているのかも?という意見もあるのです。それほど、発達障害の原因や遺伝の有無は分かっていないということです。

発達障害が遺伝する確率は100%ではない。が、遺伝性は強く感じるより

スポンサーリンク




ADHDの親からはADHDの子が生まれる?

親がADHDでも、子どもがADHDとは限らない

医学的には発達障害の遺伝の可能性はハッキリわかっていません。が、個人的には遺伝する可能性はあると感じます。ただし、絶対に遺伝するわけではありません。親が発達障害でも、子どもが定型発達の場合もあります。

発達障害の子が生まれる場合でも、ADHDとは限らない印象です。親がADHDでも子どもがアスペルガーだったり自閉症だったり、様々です。「親の育て方が影響するわけではない」というのはわかっていますので、じゃあ何か、というときっと遺伝なのでしょう。

スポンサーリンク




親が発達障害なら子どもを産まない方が良いのか

「子どもができても発達障害かもしれない」と思ったら、じゃあ、子どもを作らない方が良いのか。これは見解がわかれるところでしょう。正直なところを言えば、私もちょっと怖かったです。怖かったというか心配でした。私はADHDぽいですが、それ以外にも持病的なものを抱えているので、それも遺伝しないかとても心配でした。

発達障害だけに関して言えば、育て方である程度はなんとかなると思っています。私自身がなんとかなっているからです。自己肯定間も高く何に対しても「やる気になればできる」と思っています。(なんとかならないことは「向いてないな!」と思って無視するか忘れています)それに、30年以上生きてきて、幸せな人生を送っていると感じています。

その要因は、きっと親が私を罵倒したりせず褒めたり、承認したりして育ててくれたからなのでしょう。発達障害の有名人・芸能人などの記事で、発達障害でも成功している人の特徴として「周囲、特に親の理解やサポートがあった」ということを書いています。結局はそこなのだと思います。発達障害の人の仕事の体験談の記事では、苦労している人は親が子供の頃にあまりサポートしてくれなかった、理解がなかったというケースが見て取れました。

もしも「子どもが発達障害かも」とか「これから生まれる子が発達障害かも」と思うなら、あなた自身がしっかり勉強するなどして知識やメンタルを鍛えておきましょう。それが、子どもの幸せにつながるのだと私は信じています。

その他オススメ記事

 







-子育て・勉強, 注意欠陥/多動性障害(AD/HD), 発達障害の遺伝

Copyright© 発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども) , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.